授業改革

Features of Education
教育の特色

グローバルに活躍する力− 夢を語り実現に向けて準備をする −

グローバルに活躍する力

これからの社会で最も重要なのは、知識という点を自分らしく結び、新しいものをデザインする能力です。

技術革新が急速に進み、AIやロボットによって人間の仕事が奪われるといった予測もされています。これからの社会を生き抜くためには、AIに使われるのではなく、使いこなせるようでなくてはいけません。そのためには、知識という点を、経験を生かしながら、自分らしく結んで新しいものをデザインする能力が必要です。
本校のSTEAM教育では、自分の才能を発見し、一つ一つの知識を深く理解して、未来を自分らしくデザインする練習をします。また自分のアイデアを広く国内外の人と議論して、スパイラルアップしながら改善していく練習も行います。

豊田工業大学シカゴ校 古井貞熙 先生
豊田工業大学シカゴ校 古井貞熙 先生がアドバイザーに就任!
日本電信電話公社(現NTT)の研究員やNTTヒューマンインタフェース研究所の特別研究室長、東京工業大学の名誉教授を経て、現在は豊田工業大学シカゴ校理事長、国立情報学研究所(NII)研究総主幹を務める古井貞熙さんが、本校のアドバイザーに就任しました。音声工学の分野において、コンピュータを用いた音声の自動認識の研究開発を行い、コンピュータが人と対話する自動音声インタフェースの実現に大きな役割を果たしました。そんな古井先生には、豊富な知見と経験から授業内容等についてアドバイスしていただきます。
受賞歴
文化功労者(2016.10) / 紫綬褒章受章者 (2006) / 大川賞 (2013.3), 大川情報通信基金 / IEEE James L. Flanagan Speech and Audio Processing Award(2010.3), IEEE / 日本放送協会放送文化賞(2012.3), 日本放送協会 / ISCA Medal for Scientific Achievement(2009.9), International Speech Communication Association(ISCA)
大学や企業と連携し、より実践的な授業でアイデアを生み出す力を養います。

大学や企業と連携し、より実践的な授業でアイデアを生み出す力を養います。

世界では新しい仕事が次々と生まれ、国際的な共同作業が行われています。そこで求められるのは、人の幸せにつながるような提案をする力、実現のために仲間を集めて協力しながら進む力、現状を正しく把握するための基礎的な知識です。
生徒たちがより社会で活躍できる人材になるために、有名大学と連携した学び、大手企業と連携した企画や企業体験プロジェクト、さらに大学のボランティアサークルと協力して海外ボランティアへの参加などを実施する予定です。

G Suite for Educationを用い、柔軟性と創造性のある学びを行います。

G Suite for Educationを用い、柔軟性と創造性のある学びを行います。

令和3年度生より、入学時に全てのコースの生徒にノートパソコンが配布されます。(令和2年度は、PG・AD・GI・SRコースの全生徒にChromebookが配布されました。)また、G Suite for Educationを用い、生徒たちがアイデアを表現できるような創造的な授業や、課題に対してチームで取り組むなどアクティブな学びを行います。アプリ上に記録が残るため、自らの成長を確認することができます。また「Zoom」システムを用いてオンライン授業を行う環境が整っているため、非常時でも対面授業と同様に安定した学習を実施します。

学びたいときに、学ぶを実現します。

学びたいときに、学ぶを実現します。

学習アプリ「スタディサプリ」と「スタディサプリENGLISH」を導入しています。休み時間や登下校の時間などの空き時間も活用し、効率的に自学自習ができるようにしています。基礎レベルから難関大学対策レベルまで様々な講座が揃っており、受験対策はもちろん定期テストの対策もできます。また、分からないところは学習支援センターで質問し、補強することができます。

全館WiーFi 完備。様々な端末に対応。

全館WiーFi 完備。様々な端末に対応。

本校では、授業や自学自習において学習効果を高めるため、全教室に電子黒板を設置するなどICT環境を整備しています。平成30年度には「Classi」を導入し、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなどの端末から、学びの振り返りなどができるようになりました。さらに全校舎及びグラウンドまでWi-Fi環境を整え、様々な端末を活用した学びを実施しています。

広い視野を持ち、多角的に学ぶ力− 答えを導き出す方法を考える −

高大連携プログラム

高大連携プログラム

多様化する大学での学びやその先にある社会との繋がり方を知り、生徒一人ひとりが自分のキャリアデザインをイメージするためのプログラムです。大学の先生による講義やエクスチェンジプログラム(留学生交流)など、各コースの特色を活かした企画を提供しています。

校外体験学習

校外体験学習

各コースの特色を踏まえ、大学や企業への訪問など校外での体験学習を定期的に実施しています。様々なワークショップやビジネスの現場での生きた体験を通し、新時代を生き抜く力を養います。

1. クリティカルシンキング・ロジカルシンキング

クリティカルシンキング/ロジカルシンキング

「物事を多角的に考察する力(クリティカルシンキング)」と「物事を論理的に考察する力(ロジカルシンキング)」をトレーニングしながら、生徒一人ひとりにそれぞれの課題の目的は何かを考えさせ、自分の意見を論理的に伝える力を育成しています。

3. 探究学習

探究学習

探究学習とは、例えば「調査・研究・発表」といったプロセスを通して学習内容を探究し、掘り下げていく学習方法です。探究学習の授業を通して、物事に対して常に疑問を持ち、解き明かそうとする力を育成します。

4. 英語5技能 【聞く・話す・読む・書く】 + 対話力

英語5技能 【聞く・話す・読む・書く】 + 対話力

≪コミュニケーション支援≫
ネイティブの講師による英語の授業やスカイプを使ったオンライン英会話など、英語でのコミュニケーション力向上を支援します。
≪英単語スキル支援≫
毎朝10分間、ICT機器を活用し、映像と音声による4技能レッスンを行なっています。さらにボキャブラリーコンテストで知識の定着を確認します。
≪資格支援≫
年2回「英語4 技能検定」を実施し、対策講座も積極的に行っています。
≪体験型支援≫
オーストラリア海外体験研修、セブ島語学留学、ニュージーランドターム留学(3か月)など、様々なグローバル体験を用意し、英語での対話力やコミュニケーション力を養成します。

5. STEAM教育

STEAM教育

Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の5つの領域を重視する教育方針です。全てのコースに導入し、問題解決力や新しいものを生み出す力を育成します 。

STEAM人材によるプレミアム授業を実施

本校では全てのコースにSTEAM教育を導入し、問題解決力や今までにないものを創造する力を育成します。その一環として、プログレスコースとアドバンスコースではSTEAM人材を専任講師として迎え、「プレミアム授業」を展開します。

5. STEAM教育
プレミアム授業 専任講師 今井 朝子(工学博士)
プレミアム授業 専任講師
今井 朝子(工学博士)
世界では新しい技術や仕事が次々と生まれ、国際的な共同作業が行われています。そこで求められるのは、人の幸せにつながるような提案をする力、その実現のために仲間を集めて協力しながら進む力、現状を正しく把握するための基礎的な知識です。授業では課題設定、事実に基づいた議論の進め方、情報技術を使った解決方法の共創など、新しい価値を創出する方法を学びます。また生徒の関心にあわせて、企業や大学と連携したプロジェクト、英語でのディスカッションやプレゼンテーションも実施します。
経歴
日立製作所中央研究所にて研究開発に従事した後、アメリカのベンチャー企業のメンバーとして、東京大学とイリノイ大学とのバーチャルリアリティの国際研究プロジェクトに参加し、アプリケーション開発に従事。その後フリーランサーとしてTOTOやJTB総合研究所等多数企業のユーザビリティ調査・新規事業提案に携わる。東京都福祉のまちづくり推進 協議会委員、神奈川県バリアフリー街づくり推進県民会議委員を経て、現在総務省情報通信 審議会専門委員を兼務。
慶應義塾大学理工学部卒業 / 慶應義塾大学大学院理工学研究科物理学専攻 修士課程修了 / イリノイ大学コンピュータサイエンス科 修士課程修了 / 東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了

グローバル社会を見据えた「3つの海外体験」

オーストラリア海外体験研修

ホームステイを通じて現地の生活を実体験し、ホストファミリーとの時間の中で家族の一員として英語でコミュニケーションをとることができます。また現地の高校を訪問し、同世代との交流や大学キャンパス内での集中英語研修もあります。

オーストラリア・ブリスベン
場所 オーストラリア・ブリスベン
対象 1〜2年生の希望者
時期 7月下旬の9日間
※2020年度はコロナウイルス感染症対策のため中止
オーストラリア・ブリスベン オーストラリア・ブリスベン オーストラリア・ブリスベン オーストラリア・ブリスベン

セブ島語学留学

近年アジアのリゾート地フィリピンのセブ島は、観光よりも英語留学に訪れる日本人が急増しています。平日は現地講師のマンツーマンレッスンを中心にしっかりと英語を学び、週末のアクティビティではリゾート地セブを満喫できます。現地には日本人スタッフも常駐しており、安心して英語力アップに努めることができます。

フィリピン・セブ島
場所 フィリピン・セブ島
対象 1〜2年生の希望者
時期 7月下旬~8月上旬の10日間
※2020年度はコロナウイルス感染症対策のため中止
フィリピン・セブ島 フィリピン・セブ島 フィリピン・セブ島 フィリピン・セブ島

ニュージーランドターム留学

一般家庭でホームステイをしながら現地高校に編入し、現地の生徒や留学生と一緒に授業に参加します。留学生向けの英語の授業はもちろん、現地校生徒向けの通常科目も受講できます。日々の授業に加え、仲間との交流を通じて英語力だけでなく、人として大きく成長できる貴重な体験です。

ニュージーランド
場所 ニュージーランド・オークランド
対象 1〜2年生の希望者
時期 1月中旬~4月上旬の3か月間
※2020年度はコロナウイルス感染症対策のため中止